富士ピー・エスについてABOUT FUJI P.S

ホーム    富士ピー・エスについて    沿革・あゆみ

沿革・あゆみ

国土復興期1954-1965年

  • 1954年3月(S29)

    福岡市天神町に九州鋼弦コンクリート株式会社の商号で設立

    取締役会長に安川第五郎(株式会社安川電機製作所会長)、
    取締役社長に真貝貫一(福岡県貿易商工業協同組合理事長)が就任

  • 1954年10月(S29)

    山家工場[福岡県筑紫郡山家村]を開設

  • 1954年12月(S29)

    プレテンション桁橋「西郷橋」初受注(佐賀県鳥栖市発注)

  • 1955年4月(S30)

    ポストテンション橋「南筑橋」初受注(福岡県発注)

  • 1959年7月(S34)

    大阪出張所[大阪市北区](現 関西支店)設置

  • 1960年8月(S35)

    夜須作業所[福岡県朝倉郡夜須町]設置

  • 1961年10月(S36)

    名神高速道路・釈迦ヶ池橋着工
    わが国初のフレシネー工法による張出し施工

  • 1963年7月(S38)

    東京都千代田区に東京連絡所(現 関東支店)設置

  • 1964年5月(S39)

    創立10周年記念式典開催

  • 1964年10月(S39)

    「高宮浄水場PCタンク」(福岡市水道局)を受注
    当社初のPCタンク施工

  • 1965年11月(S40)

    コンクリートプレハブ建築事業へ進出

高度経済成⻑期1966-1980年

  • 1966年3月(S41)

    代表取締役社長に山崎鍬秋就任

  • 1970年8月(S45)

    筑豊工場[福岡県鞍手郡小竹町](現 九州小竹工場)操業

  • 1971年1月(S46)

    関東工場[栃木県真岡市]操業

  • 1971年4月(S46)

    中層プレハブ住宅・受注第1号「高良内団地」(久留米市)

  • 1972年4月(S47)

    社名を富士ピー・エス・コンクリート株式会社に変更

  • 1972年11月(S47)

    宮崎220号線「新橘橋」を受注(旧 建設省九州地方建設局)
    ディビダーグ工法による片持張出し架設として当社第1号

  • 1974年6月(S49)

    創立20周年記念式典開催

  • 1976年9月(S51)

    「金沢高架橋」(旧 日本道路公団北陸自動車道)を受注
    当社で初めて移動支保工により施工

  • 1977年10月(S52)

    首都高速湾岸線「BT208工区」を受注
    日本コンクリート工学協会賞及び齋藤記念賞受賞

  • 1980年4月(S55)

    福岡県庁舎行政棟のカーテンウォールを受注

  • 1980年8月(S55)

    勝本ダム大橋[長崎県壱岐](斜張橋)工事着工

    西大橋[福岡市]工事着工

バブル経済期1981-1990年

  • 1981年1月(S56)

    「畑橋」(広島県)を受注[旧 日本道路公団中国自動車道]
    押出し工法による施工

  • 1983年3月(S58)

    本州四国連絡橋「与島高架橋」、「番の州高架橋」を受注

  • 1984年5月(S59)

    橋梁床版打替工法『フリーシステム工法』を開発

    創立30周年記念式典開催

  • 1985年5月(S60)

    ディビダーグ工法により「卵形消化槽」を施工

  • 1985年7月(S60)

    「府内大橋床版打替工事(PC床版工事)」着工(旧 建設省10号線(大分県))
    フリーシステム工法の受注第1号

  • 1986年7月(S61)

    日豊本線「汐見川橋」着工
    齋藤記念賞受賞

  • 1987年5月(S62)

    岡谷高架橋(長野県)が土木学会田中賞を受賞
    [日本道路公団名古屋建設局発注]

  • 1988年1月(S63)

    チャンネル型の断面をしたプレキャスト板「FC板」を開発

  • 1988年5月(S63)

    西市場・甚目寺高架橋(愛知県)が土木学会田中賞を受賞
    [日本道路公団名古屋建設局発注]

  • 1989年12月(H1)

    代表取締役社長に水田權作就任

  • 1990年5月(H2)

    海田大橋(広島県)が土木学会田中賞を受賞
    [広島県発注]

  • 1990年9月(H2)

    ハウステンボス/ホテルヨーロッパ外壁PC板工事着工

経営基盤の強化1991-2003年

  • 1991年4月(H3)

    社名を株式会社富士ピー・エスに変更

  • 1991年10月(H3)

    リブ付きプレキャストコンクリート板「FR板」を開発

  • 1992年5月(H4)

    生口橋(広島県)が土木学会田中賞を受賞
    [本州四国連絡橋公団発注]

  • 1993年4月(H5)

    福岡証券取引所に株式上場

  • 1994年5月(H6)

    創立40周年記念式典開催

  • 1994年7月(H6)

    合角漣(かっかくさざなみ)大橋を着工
    当時のPC斜張橋として国内最大規模

  • 1994年10月(H6)

    代表取締役社長に須川昭就任

  • 1995年11月(H7)

    プレキャスト製品を現場で組み立てる「FPS工法」を開発
    福岡地区独身寮を施工

  • 1996年4月(H8)

    大阪証券取引所市場第二部(現 東証二部)に株式上場

  • 1997年12月(H9)

    代表取締役社長に山下幸弘就任

  • 1998年2月(H10)

    第二名神高速道路「鍋田高架橋」着工
    スパンバイスパン工法にて施工

  • 1998年11月(H10)

    三重工場[三重県多気郡明和町]操業

  • 1999年4月(H11)

    高層壁式ラーメンプレキャスト鉄筋コンクリート造(WRPC)の認定を取得
    九州電力鳥飼社宅を施工

  • 1999年12月(H11)

    代表取締役社長に河野文將就任

  • 2001年4月(H13)

    東北工場[福島県安達郡大玉村]操業

  • 2002年5月(H14)

    朧大橋(福岡県)が土木学会田中賞を受賞[福岡県発注]

    古川高架橋(三重県)が土木学会田中賞を受賞
    [日本道路公団名古屋建設局発注]

  • 2003年6月(H15)

    九州小竹工場のFC・FR板自動生産ライン本格稼働

安定成長の模索2004-2009年

  • 2004年5月(H16)

    耐震補強工法「パラレルフレーム構法」を開発

  • 2005年1月(H17)

    聖学院小学校施工
    パラレルフレーム構法第1号

  • 2006年9月(H18)

    コンプライアンス委員会の設置

  • 2007年5月(H19)

    第二名神高速道路「錐ヶ瀧橋」を日本で初めてのプレテンションウェブ工法にて施工

    台湾で高速道路建設のテクニカルアドバイザー業務を受注
    台湾で初の波形鋼板ウェブPC箱桁橋

  • 2007年6月(H19)

    代表取締役社長に長尾德博就任

  • 2007年7月(H19)

    パラレルフレーム構法が国土技術開発賞を受賞

  • 2007年9月(H19)

    「パラレルユニットフレーム構法」を開発

  • 2007年11月(H19)

    常磐興産ピーシー株式会社いわき工場を買収

  • 2008年1月(H20)

    株式会社常磐ピーシーを設立
    福島県いわき市にいわき工場取得

  • 2008年7月(H20)

    志津見大橋が「土木学会デザイン賞」を受賞

  • 2009年12月(H21)

    羽田プロジェクトに参画
    東京国際空港・羽田D滑走路の桟橋、連絡誘導路を施工

この10年のあゆみ2010-2019年

  • 2010年3月(H22)

    キルギス共和国へ技術指導

  • 2010年7月(H22)

    ベトナム鉄道への設計支援

  • 2011年10月(H23)

    株式会社常磐ピーシーを吸収合併し、当社いわき工場[福島県いわき市]として操業開始

  • 2011年11月(H23)

    博多湾浮体式洋上風力発電施設 進水式

  • 2011年12月(H23)

    労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS)の認定を取得

  • 2012年1月(H24)

    株式会社シーピーケイを完全子会社し、PC枕木事業を拡大

  • 2012年9月(H24)

    耐震補強工法「スマイルパラレル」を開発
    初採用は東京都営新河岸アパート

  • 2013年6月(H25)

    代表取締役社長に菅野昇孝就任

  • 2013年7月(H25)

    東京証券取引所と大阪証券取引所の統合により、東京証券取引所市場第二部に株式上場

  • 2013年8月(H25)

    ミャンマー連邦共和国よりエンジニアを採用

  • 2014年5月(H26)

    広瀬川橋梁(宮城県)が土木学会田中賞を受賞
    [仙台市発注]

  • 2014年6月(H26)

    創立60周年記念式典開催

  • 2014年9月(H26)

    ミャンマー連邦共和国に現地法人Myanmar Fuji P.S Construction Company Limitedを設立

  • 2015年1月(H27)

    株式会社シーピーケイ滋賀工場の一部を賃借し、滋賀工場[滋賀県東近江市]を設置

  • 2015年5月(H27)

    源太橋(鳥取県)補修工事が土木学会田中賞を受賞
    [鳥取県発注]

    伊良部大橋(沖縄県)が土木学会田中賞を受賞
    [沖縄県発注]

  • 2015年7月(H27)

    制震補強工法「スマイルダンパフレーム」を開発
    初採用は福岡市営中浜住宅

  • 2016年5月(H28)

    中期経営計画「VISION2016」策定

  • 2016年9月(H28)

    インドネシアへセグメント桁製作の技術指導

  • 2017年8月(H29)

    阿蘇長陽大橋の補修・補強工事完了

  • 2018年6月(H30)

    東京証券取引所市場第一部に株式上場

    阿蘇長陽大橋(熊本県)が土木学会田中賞を受賞
    [国土交通省九州地方整備局発注]

  • 2019年2月(H31)

    技術研究センター構造実験棟完成
    [福島県いわき市(いわき工場敷地内)]

    バングラデシュへ橋梁補修補強の技術指導

  • 2019年4月(H31)

    代表取締役社長に堤忠彦就任

  • 2019年6月(R1)

    建物1階床の合成スラブ工法「DM板」を開発

  • 2019年12月(R1)

    福岡県子育て応援宣言企業・知事表彰受賞
    【男性の育児参加促進企業】