技術情報TECHNOLOGY

ホーム    技術情報    橋梁    プレテンションウェブ橋

プレテンションウェブ橋

1.概要

  • プレテンションウェブ工法とは,現場打ちで施工されるPC箱げた橋のウェブをプレテンション方式のプレキャスト部材に置き換えて合成げたを構築する工法です。

 

 

2.特長

  • プレテンションウェブを使用することで、高いせん断抵抗性が確保され、ウェブ厚さを薄くすることにより主桁自重の軽減が図れます。
  • 主桁自重の軽減により、架設機材や下部構造の規模縮小につながり、橋梁建設全体での低コスト化が期待できます。
  • ウェブを品質管理の行き届いた工場で製作することにより、高品質化が期待でき、耐久性の向上が図れます。
  • ウェブを施工するための型枠作業やコンクリート打設が不要となるため大幅な現場施工の省力化が図れます。

 

3.施工実績

  • 第二名神高速道路 錐ヶ瀧橋(PC上部工)上り線工事

 

 

4.カタログ・テクニカルレポート・協会・その他